SSDを追加したという話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
SSDを追加したという話

開発用にメインで使っているデスクトップPCはPCIe M.2 SSDとHDDの構成でごくごく一般的というか一世代前の構成。開発環境ごとにHyper-Vに落とし込んだ仮想ハードディスクは2TBのハードディスクに置いてあるのですが、今のところ不自由ないスピードです。Hyper-Vの「停止」を活用すれば再開も停止も数秒。唯一気になるのは、ハードディスクのカリカリ音…。気になり出したら夜も眠れません。

というわけでSSDの追加を決行。1TBの価格が落ち着いてきたのでポチっとしたら、翌週のタイムセールでさらに2千円ほど安くなっていました(/・ω・)/

選んだのは安定(当社比)のサンディスク製。価格差がほとんどなかったので3D SSDを選択。工具のいらない改装はあっという間に終わります。SATAケーブルは60cmでピッタリ。

工具のいらない改装はあっという間に終わります。
SATAケーブルは60cmでピッタリ。

上段スロットのSATAケーブルは干渉しないようにストレートタイプが必要でした。

1TB×2枚挿し!

作業時間は15分ほど。Windows 10が何事もなかったように起動した後、Hyper-Vの仮想ハードディスクをSSDに移動して完了です。結果は……ほぼ無音。当たり前ですが、集中できる環境が整いました。

ドライブレターがやたら増えるのは残念ですが、申し分ないディスク構成に落ち着きました。もう少しつよつよGPUが欲しいのですが、緊急性がないのでしばらくこれでいきましょう。

ドライブレターが増えすぎた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*