Mac

初代Mac ProはEl Capitanの夢を見たか(その2)

単なる趣味で終わらせないために…

鳴り物入りで迎えることになったMac Pro (1st Gen.)ですが、正統にリカバリしただけでは趣味の置物になってしまいそうです。Snow Leopardも登場から10年以上経っていますし、いくらパッケージがかわいくても仕事で使うにはいろいろと無理があります。

巨大な筐体にふさわしい働きをしてもらうためにも、El Capitanの夢を見せてもらいたいですねー。

手始めのLion

まずはOS X 10.6 Snow LeopardをOS X 10.7 Lionにアップデートします。いや、必要ないかもしれないですが、いまだにLionが購入できることからすると、公式にサポートされる最終版は入手しておくのがマナーといったところでしょうか。(ちなみに、2021年2月現在、Mountain Lionも購入できます。)

購入後 2日ほどでAppleからコンテンツコードが送られてきましたので、App Storeに入力してLionのインストーラをダウンロードします。

Mac OS X Lionインストーラ
Mac OS X Lionインストーラ


インストール自体は特にこれといったこともなく完了。ただ、やはり古いOSということもあり、Safariで開けるサイトにも限界があるようです。初代Mac Proを有効に活用するためには、El Capitanの夢を実現させるしかなさそう…。

BootCampでWindows 10 (x64)

公式にサポートされるMac OS Xの最終版とはいえ、このままでは単なる趣味で終わってしまう…。なんとか仕事に使えるマシンに仕立てようと、Mac OS定番のBootCampでWindows 10をインストールすることにします。

初代Mac ProはEFIが32ビット云々の話がありますが、Windowsについてはx86/x64問わずインストールができるようです。ただし、WindowsサポートソフトウェアはBig Surが動いているMacで最新のものをダウンロードし、BootCamp上のWindowsにインストールできるようUSBメモリなどに保存しておきます。

というわけで、Windows 10 Pro (20H2)のデュアルブートに成功。GeForce 7300 GTもきちんと認識されます。

BootCampにWindows 10 Pro (20H2)をインストール
BootCampにWindows 10 Pro (20H2)をインストール
BootCamp上のWindows 10 Pro (20H2)でGeForce 7300GTを認識できた
BootCamp上のWindows 10 Pro (20H2)でGeForce 7300GTを認識できた


BootCampでWindowsの最新版が動くようになった初代Mac Pro。息を吹き返したように見えますが、コレジャナイ感が圧倒的に強い…笑。リストラ対象の熱い視線を吹き飛ばすためにも、やはり……。

夢が叶う

さて、まずはスクリーンショットをご覧ください!

Mac Pro (1st Gen.)でMac OS X El Capitan起動!
Mac Pro (1st Gen.)でMac OS X El Capitan起動!


キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

途中経過をすっ飛ばした状態ですが、ついに初代Mac ProでMac OS X 10.11 El Capitanが動きました! ググること数日、再起動することウン十回、ついに夢が叶いました。グラボが64ビットEFIに対応していない7300 GTのままなので表示がおかしくなっていますが、見事に起動しました。PagesやNumbers、Keynoteも使えます!

これはもう、今なおネット上に残されている先達の挑戦の記録のおかげです。感謝です。最悪の場合は起動不能になることを覚悟で臨んだ部分もありましたが、いじり倒したMac Proはこんな状態になっています。幸せー(・∀・)

いじり倒したMac Pro (1st Gen.)
いじり倒したMac Pro (1st Gen.)

グラボの限界

標準のGeForce 7300 GTでEl Capitanが動いてくれることに驚きですが、やはり重たい! お世辞にも快適とはいえない状態です。

いよいよ最終章に入りますかー!?

初代Mac ProはEl Capitanの夢を見たか(その1)

この貫禄は伊達ではない

無料(!)で譲っていただいたMac Pro (1st Gen.)をリカバリしました。発売から10年以上経過してすでに役目を終えた感がありますが、Xeon(R)を2個積んだ存在感あふれるアルミ筐体は置いてあるだけで圧巻です。

もちろん好みもあると思いますが、Macのアルミの質感は洗練されていますねー。冬場は寒いですが……笑

Mac Pro
Mac Pro


巨大な筐体の内部にはサイドパネルを外してアクセスします。余っていたHDDを引っ張り出してきて4個の3.5インチハードドライブベイに装填(250GB+500GB+500GB+500GB)しました。圧巻です!

Mac Pro ハードドライブベイ
Mac Pro ハードドライブベイ


さて、リカバリしますか!

まずは順当にスノーレパード

Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)。パッケージかわいい…。

Mac Pro (1st Gen.)の公式サポートはMac OS X 10.7 (Lion)まで。Xeon(R)を積みながらもEFIやグラボが32bit故、64bit OSが起動できない悲しさがありますが、64bit化やOS X El Capitanをインストールした つよつよエンジニアたちの挑戦の記録がググればいろいろ出てきます。まーそこまで手を加えるかは別として、まずは普通にリカバリしましょう。

Mac OS X Snow Leopard
Mac OS X Snow Leopard


DVDからブートさせてクリーンインストール。20分くらいで再起動するので、ローカルアカウントやキーボードの設定をすれば懐かしのSnow Leopard!
再起動時の「ようこそ」ムービーの音量は心臓が飛び出しそうでした(@_@;)

Mac OS X Snow Leopardをインストール
Mac OS X Snow Leopardをインストール


お約束の「このMacについて」。2基のXeon(R)が眩しい!
ベースは整ったのでここからアップデートしていきます。

バージョン 10.6.3
バージョン 10.6.3


[リンゴマーク]-[ソフトウェア・アップデート…]すると諸々アップデートが出てくるので一気にインストールしたいところですが、不具合が出るとの情報もあったので、先達の知恵に感謝しながら一つずつインストールしていきます。

ソフトウェア・アップデート
ソフトウェア・アップデート


ソフトウェア・アップデートをすべてインストール完了。バージョンが10.6.8になりました。通常できることはここまで。有料で10.7 (Lion)にすることもできるようですが、まずはいろいろ試していきましょう!

バージョン 10.6.8
バージョン 10.6.8

今後の計画など

実はこの後、ファームウェアをアップデートしました。詳しいやり方はググればいろいろヒットするので割愛しますが、数ある改造の中でもファームウェア1.1→2.1へのアップデートは比較的ハードルが低そう…。ならば情報が残っているうちにということで実施。
[このMacについて]-[詳しい情報…]を確認してみると しっかり2.1に変わりました。先達の情報に感謝です。

1.1が2.1になった
1.1が2.1になった


これからいろいろと手を加えていきたいところですが、まずはLionへのアップデートかなー。それ以上はグラボの交換なども必要になってくるので余裕があったらということで。

それにしてもMac Pro (1st Gen.)はアイドル時でも消費電力200W超えになるので、電気代はともかく夏場はエアコン必須。下手をしたら発熱でパーツ故障もあり得るので、用途もあわせてのんびり考えます(・∀・)

Macでの開発環境を整えていこうという話

Macでの開発環境を整えていこうという話

開発用にMacをお迎えしたときに行なうべき設定諸々を記録代わりに残しておこうということになりました。自ら提案、自ら承認なので稟議もあっという間に通ります。

まずはターミナルの設定から。初期状態のターミナルは……ダサダサである。(シェルはzshに変更済み)

続きを読む