初代Mac ProはEl Capitanの夢を見たか(その3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最終形態まであと一歩

初代Mac ProでEl Capitanを動かすという悲願は達成。ただ動いただけでは意味がないので、使えるレベルに引き上げるためにもう少し手を加えます。

一つ目はグラボの交換。El Capitan環境では画面描画が目で追えるほど(笑)遅かった標準のGeForce 7300GTをRageon HD 5770に交換しました。Windows用を転用したので表示がHD 5000になってしまうのは仕様(´・ω・`)

Mac Pro (1st Gen.)のグラボを交換
Mac Pro (1st Gen.)のグラボを交換


二つ目はメモリの増設。計8スロットを埋めているメモリから512MBの4枚を抜き取り、4GBモジュールを2枚追加。計16GBにしました。初代Mac Proは2GB×8=最大16GBが公式の情報ですが、ネットの情報では4GB×8=最大32GBまでいけるようで、今回4GBのメモリもきちんと認識されました。

Mac Pro (1st Gen.)のメモリを16GBに増設
Mac Pro (1st Gen.)のメモリを16GBに増設


これでProを名乗れるレベルになってきたでしょうか(^^;

まだまだ上はあるけどね

初代Mac Proをカリカリチューンするなら、メモリを最大の32GBにしたり、4コアXeon(R)に改装したり、豊富なHDDベイを活用してRAIDを組んだりといった道が残っていますが、これで最終形態にします。用途とコストパフォーマンスを考えるなら、このあたりに落ち着きそう。

メインで使うMacはMacbook Proですが、外出が極端に減った今のご時世ではデスクトップがやはり使いやすいですね。なぜか姿勢が良くなって肩こりも減りますし。

最後に、お約束のTime Machineを設定して完了。頼もしい援軍が加わりました。

Mac Pro (1st Gen.)はEl Capitanの夢を見た!
Mac Pro (1st Gen.)はEl Capitanの夢を見た!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*