ミドルレンジ以上を選ぶ理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

我が家にXeon(R)がやってきた

無料(!)で譲っていただいたhp Z400 Workstationをリカバリしました。現役で十分使える性能ですので特に手を入れることはありませんでした。数年が経過してもスペック不足を感じないのは流石。

仕事で長らくPCに関わっていますが、個人でXeon(R)載せたPCを手にするのは初めてのこと、浮かれますねー。

Z400 Workstation
Z400 Workstation

内部チェックとWindows 10での初期化

まずは筐体内部をチェックします。水冷Xeon(R)が眩しい!これがオーバーヒートするような仕事をさせる日は来るのでしょうか…。

Z400 Workstation(水冷Xeon)
Z400 Workstation(水冷Xeon)


メモリスロットはフル装填。グラボはnVIDIA QUADRO FX 3800。

Z400 Workstation(グラボ付き、メモリフル装備)
Z400 Workstation(グラボ付き、メモリフル装備)


掃除する必要がないほど綺麗でしたので、パネルを閉じて作業を開始。純正のリカバリDVDで難なくWindows 7 Proが復元できました。

Windows 7 Professional インストール完了
Windows 7 Professional インストール完了


システム情報はこんな感じ。Xeon(R)の文字が眩しい!

Windows 7 Professional 情報
Windows 7 Professional 情報


ここまでが本来のリカバリですが、ここから先はWindows 10へのアップグレードを敢行します。使用するのは「Windows 10 Pro (x64) (20H2)」です。

Windows 10 インストール開始
Windows 10 インストール開始


リカバリ直後なので引き継ぎは何もなし。

Windows 10 インストール準備完了
Windows 10 インストール準備完了


こちらも難なく完了。プロダクトIDを切り替えて「Windows 10 Pro for Workstations」で認証しました。やったー。

Windows 10 Pro for Workstations (20H2) 詳細情報
Windows 10 Pro for Workstations (20H2) 詳細情報


これでひとまずZ400 Workstationのリカバリが完了しました。夢が膨らむー。

今後の計画など

ひとまず譲っていただいたままの構成でリカバリしましたが、6コア12スレッドXeon(R)の基本性能の高さに改めて驚きました。このままでも十分ですが、かくなる上は…

  • SSD化
  • グラボのパワーアップ

…こんな感じで底上げしてみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*